Home>2009年03月  TotalPages9 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun2009.03.29

二胡ワークショップ

今日は参加している中国楽器集団のメンバーと二胡ワークショップ×2コマ、
そして1時間の二胡演奏をしてきました。


会場は、古き良き茅葺きの日本家屋…
入ってまず思ったことは……







さ、寒いっつ!!






もう関西では、桜の開花宣言がありましたけど、立地が山の方というのもあって、
しかも、古き良き日本家屋なワケで、エアコンなんて言う文明の利器はないのです…

主催者さんが用意してくれた小さなセラミックファンヒーターにかじりつきでしたゎ;



さて、始めはワークショップがありました。
対象は小学校高学年から中学生までの子供と言うことで…

みんなに楽器が行き渡るよう、一コマにつき定員10名と限定されていて、2回に分けてやって下さい、
という事だったので、てっきり、定員きっちりに埋まったものだと思ってましたが…



いざ蓋を開けてみると、






一回目参加者。
子供2人+その保護者


二回目参加者。
子供3人+その保護者







ゥヲイ(ノ-_-)ノ~┻┻
じゃあ、一回にまとめてくれよ;


が、このイベントの主催スタッフの方も二胡体験してみたいとのことでしたので、
大人の人も混じって(と言うか大人率高…)、大体1回につき7人程のワークショップになりました。

まあ、なんとかちょうどいいかな^^;くらいの人数に最終的になりましたわ。


二胡を教えるのは初めての経験だったので、どうなることやらと思ってましたが、
みんな開放弦の音を出せるくらいにはなって、このワークショップのために作った練習曲もこなしてくれました。

グループのメンバーに伴奏パートを弾いてもらって、ちょっとしたアンサンブルをやりました。
結構楽しかったかも~


…会場が寒かったと言う点を除いては。(まだ言う;)


ただ悔しかったのはね~…ワークショップ1コマ1時間だったんですが、
張り切りすぎて(?)一回目の最初の30分で声潰した…



これはショックでした…


劇団の頃、踊り教室と言う中学生一クラス相手に踊りを教えるワークショップを何回かやったのですが、
1時間強、叫びっぱなし、掛け声掛けっぱなし、踊りっぱなしという体育会系のワークショップにもかかわらず
一度も声を潰すことなくこなしていたのが唯一の自慢でしたのに…


カタギの生活に戻って、あまり大きな声を出すこともなくなったしなぁ;
……それとも若さか…?(当時ははまだギリギリ10代だったから…)


まぁ、しばらくしたら、すぐに声は復活しましたがね。
…若さで…?(過信は禁物)


ともかく、ワークショップ後の演奏で竹田の子守唄を弾き語る予定だったので、
こんなところで声を使い切るわけにはいかんかったです。

てなワケで、2回目のワークショップからはアダルト(大人)なワークショップで(笑)


何とかワークショップも演奏も弾き切りましたが…




何と言っても寒かった…(それしか言ってないし;)



別に激しく緊張したわけじゃないのにガタガタ震えてましたもん。
アオザイじゃなくてコート着て弾きたかったよ。


明日からまた一週間始まるのかと思うとちょっと憂鬱です…
休みた~い。。。

4/2には、馬さんのレッスンがお仕事終業後にあります。
今日から一週間はホント急がしいっス…



みんな、オラに元気を…!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。